更年期障害のためのサプリメント

更年期障害に効果的なサプリメントはずばりこれ!実体験から口コミ!

更年期障害の改善のためにサプリメントを飲みたくて、いろいろ調べていました。

 

というのも、私が、最近更年期で体調が悪かったからです。

 

これまで普通に生活してて、何の支障も感じなかったのに、急に発汗やほてり、ホットフラッシュで悩まされるようになりました。

 

例えば、歩いて駅まで行って、電車に乗ったあとに、異常なくらいに汗が出てきたり、何もしていない、くつろいでいる時に急にホットフラッシュの症状が出ました。

 

ホットフラッシュは、友人から聞いたことがあったけど、実際に自分がなってみると、あ、これか!とびっくりしました。

 

ホットフラッシュを自分が体験する前は、それほど大した症状ではないと軽く考えていたけど、自分がなると、やはりとても不快なものです。

 

まず、ところかまわず急になるので、びっくりします。

 

心の準備ができません。

 

それに、ひどいときには動悸がすることもあります。

 

これはなぜかわかりません。

 

ホットフラッシュになってしまったことに頭がついていかなくて、ドキドキするのかもしれません。

 

そんな状態なので、なんとかサプリを飲んでみようと思って探してみました。


更年期障害に良いサプリメントを探してみた結果

すると、更年期障害のためのサプリメントには大きく分けて種類があることがわかりました。

 

女性ホルモンの減少を抑えるサプリメントを飲むこれは、プラセンタや大豆イソフラボンが入ったものを飲むことです。

 

まず、ホットフラッシュの原因は加齢による女性ホルモンの急激な減少なので、それを抑えるための成分が入ったサプリを飲むと症状が楽になると言われています。

 

実際に、大豆イソフラボンやプラセンタで更年期障害が楽になったと書いている口コミをたくさんみかけました。

 

なのでこれは本当に効果があると思います。

 

でも、私は少し心配でした。

 

これらを飲むことでかえってホルモンバランスが乱れることはないのかな?と思ったからです。

 

たまにそういう口コミを見かけました。

 

生理の周期が変わってしまうのが多かったです。

 

生理の周期が変わるくらい女性ホルモンのバランスが変わってしまうとそれは体に良くないのではないかと思いました。

 

もう一つが、漢方の入ったサプリを飲むことです。

 

漢方は、体の不調を体質を変えることで、ゆっくりと改善していきます。

 

大豆イソフラボンが入ったサプリメント大豆イソフラボンが入ったサプリメントで有名なのが、DHC、ファンケル、キッコーマンなどです。

 

DHCやファンケルなどはドラッグストアでも買えるので、手軽な点が良いですね。

 

一方、キッコーマンは通販専用の商品です。

 

そして、私が大豆イソフラボンのサプリを飲むときに少し躊躇したのが、取りすぎると良くないという点です。

 

1日の上限の摂取量は70〜75mgで、その中でサプリで取ってよいのは30mgです。

 

納豆1パックで50mgのイソフラボンが含まれています。

 

私は毎朝納豆を食べているので、もうその時点で50mg取っています。

 

それで時々豆乳を飲んでいますので、これでさらに大豆イソフラボンが入ったサプリメントを飲むと明らかに過剰摂取になると思いました。

プラセンタサプリは更年期障害に効果的

そこで、プラセンタについて調べました。

 

プラセンタサプリの口コミを見ると、更年期障害の症状が良くなったと書いている方がとても多かったのです。

 

そこにはホットフラッシュ、ウツなどで悩んでいた方が良くなったと書き込みしていました。

 

それにプラセンタなら病院での更年期障害の治療に使われるくらいなので、安心して飲めるだろうと思い、注文して飲んでみました。

 

1か月くらいたったころには、ホットフラッシュの頻度が激減しました。

 

これはとても嬉しかったし、びっくりしました。

 

また、それ以外にも体調がとても良くなりました。

 

元気で、活動的になれたのです。

 

最近疲れが溜まっていましたが、更年期障害の症状だけでなく、体調がこれほど良くなるとはおもっていませんでした。

 

結局、漢方の入ったサプリを飲むことはありませんでした。

 

結構高いものが多いので、プラセンタで効果を実感できたから、もういいやと思ったからです。

 

更年期障害に悩んでいる方におすすめのサプリメントは、私はプラセンタだと思います。

 

それでもやっぱりサプリメントは飲みたくないという方には養命酒がおすすめです。

 

養命酒の効果が、特に更年期障害に対してあると考える方が多いのです。

 

また、サプリと違って漢方の成分が主であることも飲む人によってはポイントが高い点ですよね。